« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

kotonoさんの個展&ワークショップ

先週の土曜日、「for the best day」  kotonoさんのワークショップに行ってきました。

kotonoさんは、高知の雑貨やさん「TORI」さんで7月いっぱい個展を開催☆

Img_0010_2 Img_0003_3 2階へ続く階段、

そしてモンローになりながらcatface(屋根裏部屋を訪れた人だけが分かる)はしごをのぼって、3階の屋根裏へ・・Img_0006   

TORIさんの3階「屋根裏部屋」は、まさにkotonoさんワールド!!

この素敵な場所で、kotonoさんのワークショップに参加できるなんて☆

ほんとうに幸せでした!

そして!

この日は、2階の小部屋で可愛い高校生が奏でるクラシックギター♪

あ~うっとり・・夢のよう☆

更に更に!

土曜夜市に参加されていたTORIさんからの差し入れ!Img_0016

にんにくたっぷり。

超新鮮、絶品焼きたてかつおの塩たたき!!

土佐名物アイスクリン♪

それから新月の和菓子などぱくり♪ぱくり♪

Img_0018

「誰かあがってきたら、ぜったい、にんにくの匂いがするでね~」

「すごいひくでね~」

と、ちょっぴり心配?しながら夢のように、うっとり楽しく美味しい~

幸せなワークショップを堪能^^☆

一緒に参加した几帳面なharuさんが必死になってワイヤーと格闘するのを横目に

大胆な私は、えいっ!くりっとワイヤーを曲げてからめて☆もちろん、必死。

でも、すごいおもしろーい♪

kotonoさんに、すごい丁寧でわかりやすく教えてもらって、おかげ様で大感激!な小さい人のイスと机が完成!!Img_0022

嬉しい~♪

kotonoさん、本当にありがとう~~~happy01

TORIさん、本当にごちそう様でした!

kotonoさんの個展は、今日までです。

お疲れ様です!

さて、私は夏ばて?でちょっと体調を崩し気味だったので、チクチクからもブログからも、しばらく遠ざかってましたが、またそろそろ再会^^

ぼちぼちスローペースでやっていきます♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

石けん用オリジナルシルクリンス

石けんや石けんシャンプー用のリンスは、いつも手作り♪

と言うと、みんなに「すごーい!」とびっくりされますが、簡単&リーズナブルにできるんですよ^^

一番、簡単なのはお酢(りんご酢や、ラズベリー果汁入りのワインビネガーがオススメ)やクエン酸を洗面器に少し入れてすすぐ・・これは手作りとはいえないですね(笑)

今まで、いろいろなリンスレシピをデザインして、オリジナルリンスを作ってきましたが、今一番気に入ってるのは☆

「つやつやシルクリンス」です。

この間、このリンスがきれたので2回目の「つやつやシルクリンス」を作り、高知から泊りがけで遊びに来てた友達にも、さっそく使ってもらいました。

一人は、市販の石けんシャンプー&リンス派

大好評^^♪

一人は、石けん洗髪初体験!(うちには石けんか、石けんシャンプーしかないので)

「慣れてないと、ちょっと(?)ぎしぎしするよ~coldsweats01」と私。不安・・sweat02

でも・・友達は

「すごいえい香りやったー。リンスしたら、ぜんぜん髪がきしまんかったよ^^」

と大喜び!

次の日も「つやつやさらさらや~^^♪」と喜んでくれました。

これは、私もちょっとびっくり!

合成シャンプーに慣れた髪は、どうしても石けんシャンプーに切りかえて2週間から1ヶ月ぐらいは、きしんだり、ぱさついたりします・・

それが、きしまなかったとは!!

と、前おきが長くなってしましましたが、髪を洗うのも石けんに切りかえたいけど、最初きしむのが不安・・

という方もいらっしゃるかと思いますので、「つやつやシルクリンス」オリジナルレシピを大公開(笑)

*つやつやシルクリンス*

精製水450~500g(2人使用で毎日洗って、1~2ヶ月程度の量です。)

クエン酸50g

グリセリン30ml

キサンタンガム5g

シルクパウダー大さじ1+1/2

にがり小さじ1

ホホバオイル小さじ1(私は、今回、レアなバオバブオイルが手に入ったので、ホホバオイル小さじ1/2、バオバブオイル1/2にしました。)

ホホバオイル小さじ1は、しっとり感が、ややさっぱり~普通ですので、髪質や季節、お好みの使用感に合わせて1/4~小さじ2ぐらいで加減してみてくださいね。

精油 

オレンジ、レモングラス、ラベンダー、ペパーミント(または、はっか)をそれぞれ20滴、ゼラニウム12滴、ローズマリーシネオール14滴、ローズウッド、パチュリをそれぞれ8滴

シルクパウダーの匂いが結構きついので、精油の滴数を多くしています。お好みで加減してください。

作り方

精油は、あらかじめブレンドしておく。

精製水は、キサンタンガムを溶かすのに50cc程度別容器にとっておく。

a)精製水にクエン酸を入れて、よくかき混ぜ溶かす。にがり、ホホバオイルを入れる。かき混ぜる。

b)とっておいた精製水50gにキサンタンガムを入れて、よくかき混ぜる(この段階で、キサンタンガムはダマになって溶けません。失敗ではないので、ご心配なく^^)

a)とb)を合わせて、よくかき混ぜる。

以上にシルクパウダーを入れてかき混ぜる。

と、こんな風にぶくぶく泡立ち始め、ちょっと(?)臭い!(大きめの容器でないと、ぶくぶくしながら、容器から溢れ出てしまいます。)

210_2

←こんな風になるsweat02

じょうごを空の2000mlペットボトルにセットして、以上の液体を注ぎこみます。(つまりぎみになりますので、菜ばしなどで、押し込むようにしていれます。)

じょうごは、100均で売ってます。(ペットボトルの口に差し込めるサイズを買ってください。)

しっかりとフタをして、ペットボトルをぶんぶん振る。

休憩を入れながら15分ぐらい

ブレンド精油を入れる。

振る。

たまに振りながら5時間ぐらい置いとくと、キサンタンガムが溶けてトローリとしたリンスができます。

リンス用容器に移して使ってくだいね。

3ヶ月を目安に使い切ってください。(浴室においといてok)

使用前には、4~5回程度振ったほうがよいかも。

このリンスは髪の毛だけではなく、地肌にもつけて頭皮をマッサージすると、スースーしてすごい気持ちいい!!

洗い流すと、頭皮さっぱり^^

*****今日ご紹介したレシピは完全オリジナルのもので、私自身の好みで、私と家族が使用する目的のみで作っています。

このレシピによる使用感には個人差があります。

また、万が一異常が現れた場合、いかなる責任も負うことはできませんので、材料にアレルゲンとなるものが入っていないか等、ご注意、納得された上で作ってご使用くださいね。*****

confident今日6日深夜から、11日(土)まで、メールのチェックができません。

すみませんが、メールをくださった方へのお返事は、12日以降になります☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RICOさんの「おうちmarche'」

marche20097banner.jpgRICOさんの「おうちmarche'」いよいよ明日からの開催です。

←click

「おうちmarche'」に向けて、全部で12点ちくちく・・

*香りのネックレス*170_2 この香りのネックレスは、今回、初めて作りました。

ピンクベージュの革のネックレスには、首後ろにあたる部分にブルーのターコイズを。

そして、レースのリボンにはクリスタルをあしらいました。

レースは、フランスアンティーク。

ボタンも、フランスアンティークのガラスボタンです。

ブラウンの革のネックレスには、スモーキークオーツ、アベンチュリン、クリスタルを革ヒモに通しました。

革ひもは、首の後ろの部分で長さ調節できます。

レースは、フランスアンティークのものと、現行品のレースを組み合わせています。

中には、香りの小袋が入っています。

香りの小袋の中身は、香りの保留剤「オリスルート(においアヤメの根っこを乾燥させたもの)をメインにハーブ(ラベンダー、ペパーミント、レモンバーム)を少し入れています。

オリスルートには、精油のラベンダー、ローズマリー、オレンジ、ローズウッド、ゼラニウムをブレンドたものをしみこました。

ブラウン革のネックレスは、以上の精油に、パチュリの精油をちょっぴりプラス。

この香りをブレンドした香水をつけていると、必ず「すごい、いい香り!!」と言われます。

好みのアロマオイルをブレンドして作る香水作りも、とても楽しいですが、

もっとお手軽に、人工的な香りにはない、ヒーリング効果のある自然なハーブの香りを楽しんでいただきたくて、香りのネックレスを思いつきました^^♪

もちろん、ラベンダーのハーブだけでも、石けんのような素敵な香りがただよいますので、その日の気分やお出かけの場所などにあわせて中身を取替え、お気軽に香りを楽しんでいただけます♪

196 香りの小袋・・

「野原の香り」

野原をイメージした香りです。

そよ風にのってふんわり香る、さわやかな草花の香り・・131_2 153_2 127_2 124

187_2

*ハーブクッション*

クッションの中には、ラベンダー、ペパーミントのハーブをメインにした自家製ポプリを、たっぷり入れました。

少ないですが、今回は、以上の12点を納品させていただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »